PCで遊んだ日々の備忘録

Making PC and Customization PC

Linux distribution is installed.

Linux ディストリビューションは、無償配布されている、オペレーティングシステム(OS)です。

'www.fuukemn.biz' designed this logotype.


Linux OS の移設とパーティションのリサイズ

テストベンチ台で実機シミュレーション

自宅サーバー機の HDDとマザーボード入れ替えに備えて OSの移設と移設先パーティションのリサイズを実機でシミュレーションした時のメモ(2016/05)

サーバー機OSをテストベンチ台HDDへ移設

サーバー機 主な仕様

  • CPU:Intel Pentium 4 3.4GHz Northwood
  • HDD:TOSHIBA MQ01ABD100(2.5inch・5,400prm)
  • SATAモード:IDE
  • GPU:GeForce 6600
  • OS1:CentOS 6.6(以降 CentOS)
  • OS2:Xubuntu 12.04 LTS(以降 Xubuntu)
 

さらに詳しいことは 自宅サーバー ~自作機

テストベンチ台 主な仕様

  • CPU:Intel Core2 Quad Q6600
  • HDD:HGST Travelstar Z5K320(2.5inch・5,400prm)
  • SATAモード:IDE
  • GPU:GeForce GTX500Ti
 

OSの移設手順

  1. CentOS・Xubuntuをインストールしているパーティションのバックアップイメージファイルを各々作成する
    • 使用アプリ:Acronis True Image Home 2012
    • ライブメディア形態:CD-R
    • イメージファイル保存先:自宅サブネット内の NAS
  2. テストベンチ台HDD(/dev/sda)にパーティション作成
    • 使用アプリ:GParted(GNOME Partition Editor)
    • ライブメディア形態:USBメモリースティック

HDD(/dev/sda)パーティション

/dev/sda1 CentOS|20 GiB
/dev/sda2 Xubuntu|20 GiB
/dev/sda3 DATA|252.1 GiB
/dev/sda4 swap|6 GiB

1 GiB(2進表記)= 1.07374 GB(10進表記)|e.g. 100 GiB ≅ 107.4 GB となり実効値(2進表記)より大きい値になるため商用には GB が用いられる

 
  1. 移設先HDD の MBR(Master Boot Record)にチェーンローダーをインストール
    • チェーンローダー: MBM(Multipule Boot Manager)
    • ライブメディア形態:CD-R
  2. 移設先HDDに CentOS・Xubuntu のバックアップイメージファイルをレストア(復元)する
    • 使用アプリ:Acronis True Image Home 2012
    • ライブメディア形態:CD-R
  3. レストアした CentOS・Xubuntu を起動する
    • 使用アプリ:Super Grub2 Disk i386 pc 2.00s2 > Boot manually ... > menu.lst(GRUB legacy ...)で検索して CentOSを起動する
    • 使用アプリ:Super Grub Disk hybrid-1.98s1 > Detect any OS で検索して Xubuntu を起動する
    • ライブメディア形態:CD-R
  4. 起動した CentOS デスクトップ上の端末から /dev/sda1 の PBR(Partition Boot Record)に GRUB Legacyをインストールする
 # grub-install /dev/sda1

これでパソコン再起動すれば通常起動する。

  1. テキストモードで起動している Xubuntu のコンソールから /dev/sda2 の PBR(Partition Boot Record)に GRUB2 をインストールする
 $ sudo grub-install --force /dev/sda2

これでパソコン再起動すれば通常起動する。しかし Xubuntu にインストールしている NVIDIAグラフィックスドライバーは古くテストベンチ台のグラフィックスボードをサポートしていないので X が起動しない。

従って Xubuntu の NVIDIAグラフィックスドライバーを入れ替える。(CentOSはオープンソースのグラフィックスドライバーなので X は起動する)

Xubuntu はテキストモードで起動しているのでログイン後

 $ sudo apt-get update

現ドライバーのバージョンを確認

 $ dpkg -l | grep nvidia
 ii nvidia-173
 ii nvidia-common
 ii nvidia-settings

現ドライバー削除

 $ sudo apt-get --purge remove nvidia-173 nvidia-settings

新ドライバーインストール

 $ sudo apt-get install nvidia-current

を実行してパソコン再起動で X 起動OK

ネットワークの設定については NIC(Network Interface Card)が変わると自動的に新しいネットワークコネクション(eth2 , eth3等)が確立されルーターのDHCPによりIPアドレスを自動取得するので何もしなくてもインターネットに接続出来る。

しかし CentOS はサーバー機(WEB,SSH,FTP,Samba)の OSでありルーターの機能を用いてプライベートIPアドレスを固定する必要があるので MACアドレスなどの再設定が必要になる。

OS移設先HDDのパーティションリサイズ

  • 使用アプリ:GParted(GNOME Partition Editor)
  • ライブメディア形態:USBメモリースティック

リサイズ前のパーティション

/dev/sda1 CentOS|20 GiB
/dev/sda2 Xubuntu|20 GiB
/dev/sda3 DATA|252.1 GiB
/dev/sda4 swap|6 GiB

を OS保持した状態で

  • /dev/sda1 : 20GiB → 22GiB
  • /dev/sda2 : 20GiB → 18GiB

のようにリサイズする

パーティションリサイズ手順

  1. Xubuntu の前方に 2GiBの空き領域を設定する
  2. CentOS 領域を「最大サイズ」にリサイズ設定する(後方の空き領域を 0GiBにするのではなく ... )すると CentOS と Xubuntu の間に何故か 1MiBの未割当てのパーティションが自動的に設定される
  3. ここで Gpartedの「全ての設定を適用します」をクリックすると 1.項及び 2.項の設定が実行され下記の様に /dev/sda1 が拡大・/dev/sda2 が縮小し謎の 1MiBが作成される
/dev/sda1 CentOS|22 GiB
未割当て 1 MiB
/dev/sda2 Xubuntu|18 GiB
/dev/sda3 DATA|252.1 GiB
/dev/sda4 swap|6 GiB
 
次に謎の「1MiB」を消す
  1. Xubuntu パーティションを「最大サイズ」にリサイズ設定し「全ての設定を適用します」をクリックすると
/dev/sda1 CentOS|22 GiB
/dev/sda2 Xubuntu|18 GiB
/dev/sda3 DATA|252.1 GiB
/dev/sda4 swap|6 GiB
 

となり謎の「1MiB」が消える。

続けてパソコンを再起動し CentOS・Xubuntu の起動確認すると CentOS 起動 OK・Xubuntu 起動 NG となるため再度 Super GRUB2 Disk で

  1. Super Grub Disk hybrid-1.98s1 >Detect any OS で検索して Xubuntu を起動する
  2. Xubuntu(/dev/sda2)の PBR に GRUB2をインストールする
 $ sudo grub-install --force /dev/sda2

を実行後パソコン再起動し Xubuntu 起動 OK

所感

今回最も手間取ったのは OSをレストア(復元)した後 GRUBをインストールするため OSを起動するアプリである Super GRUB2 Disk の最適なバージョンを選択する事でした。

ここでは下記 2種類を使用しました。

Super Grub2 Disk i386 pc 2.00s2 → CentOS 6.6
Super Grub Disk hybrid-1.98s1 → Xubuntu 12.04 LTS

CentOS 6.6 の場合は GRUB Legacy のためこのバージョンを選択し Xubuntu 12.04 LTS も同じバージョンでもよいのですが当方の環境ではなぜか OSまたは grub.cfg の検索に20分以上かかりました。

今回使用したバージョンですと30秒ほどで OS検索が完了し作業性が著しく良いのであえて2種類使用しました。なおこの 2つのバージョン共に 2016年5月現在 Super GRUB2 Disk サイトのダウンロードリンクは切れていました。

なので下記ミラーサイトからダウンロードしました。

Download ☛ Super Grub2 Disk / Boots into many systems and GRUB2 ones!

テストベンチ台のハードウェア詳細は下記リンクへ

マザーボード他|マルチブート環境を構築 ≪HDD 1台編≫ ハードウェアの構成

HDD|マルチブート環境を構築 ≪HDD 2台編≫ HDD2

▲ 目次へ

Top of Pageの画像
sidemenuの画像