PCで遊んだ日々の備忘録

Making PC and Customization PC

Linux distribution is installed.

Linux ディストリビューションは、無償配布されている、オペレーティングシステム(OS)です。

'www.fuukemn.biz' designed this logotype.

Ubuntu 14.04LTS から Xfce 4.12 を削除する

Xununtu 14.04LTSのサポート終了(2017年4月)に伴い Xubuntu Develoers team のリポジトリは 2017年4月で削除されています。したがって Ubuntu 14.04LTSに Xfce 4.12のインストールは出来なくなっています。

また 2017年 4月以前に Xfce 4.12を Ubuntu 14.04LTSにインストールしている場合 apt-get updateを実行する度に 404レスポンスコードが返ってきます。これは上述したように ppaリポジトリが削除されているためです。

このページでは 2017年4月以降使えなくなってしまった Xfce 4.12と Xfceセッションを Ubuntu 14.04LTSから削除する方法を紹介しています。(2017/08)

以下の作業は Ubuntuのデフォルトセッション(Unity)で行います

ppaリポジトリを削除する

毎回 404レスポンスコードが表示されるのも鬱陶しいので Xfce 4.12の ppaリポジトリを削除します。端末から

 $ sudo apt-get install ppa-purge
 $ sudo ppa-purge ppa:xubuntu-dev/xfce-4.12

を実行します。これでリポジトリが削除され Xfce 4.12は Xfce 4.10へ自動的にダウングレードされます。

Xfce 4.10を削除する

Xfce 4.10には既知のバグがありそれを避けるために Xfce 4.12をインストールしたわけですから Xfce 4.10を保持しておく意味はないのでこれも削除します。端末から

 $ sudo apt-get --purge autoremove xfce4

を実行すれば Xfce 4.10は削除されます。これで Xfce 4.12と Xfce 4.10共に削除されたわけですが、Ubuntuのログインセッションには Xfceセッションが残ったままになっています。

Xfceセッションを削除する

Xfceセッションの削除は Synapticパッケージマネージャを使用します。端末から

 $ sudo apt-get install synaptic

を実行してインストールしておきます。以下は Xfceセッション削除の手順です

  1. Synapticパッケージマネージャを開く
  2. 検索窓に xfce4 を入力し関連パッケージを表示する
  3. インストール済になっているパッケージ全てを削除指定にする
    (libxfce4util6 を削除指定すると全てに削除指定が設定される?)
  4. ! の付いているパッケージは右クリックから削除指定する
  5. 適用をクリックして削除を実行する
  6. 破損パッケージ云々のメッセージが出た場合は
  7. メニュー [ 編集 ]から「破損パッケージの修復」を実行する
  8. 再度、適用をクリックして削除を実行する
  9. 各パッケージからインストール済のチェックがはずれる

これで Xfceセッションは削除されます。一旦ログアウトしてみて下さい Xfceセッションは表示されていないはずです。

以上が Ubuntu 14.04LTSから Xfce 4.12と Xfceセッションを削除する方法です。この方法は当方実機(サブPC~自作機)、下記バージョンで検証したものです。PC環境によりうまく行かない場合はご容赦。

  • Ubuntu 14.04.5 LTS
  • kernel 3.13.0 - 125 - generic x86_64 GNU / Linux
Top of Pageの画像
sidemenuの画像