PCで遊んだ日々の備忘録

Making PC and Customization PC

Windows 10 Insider Preview の 更新 と 不具合 の履歴

このページでは EliteBooK 2560p にインストールしている Windows 10 Pro Insider Preview の更新履歴とアップデートの際に起こった不具合などを掲載しています。(2017年1月 - 2020年7月 再構成

Windows 10 Pro Insider Preview Windows update

 

指紋認証のデバイスドライバーが削除される理由

2017年6月以降のアップデートで指紋認証のデバイスドライバーが削除される理由が分かりました。Windows Insider Program の利用条件のページ プログラム合意書 の Microsoft Windows Insider Program 契約書に以下の文言が記載されていました。

・自動更新。WIP サービスは、Windows Update などにより自動的に更新されます。

自動更新は無効にできません。事前に定められた期間の後、または十分なデータが収集された評価サイクルの終わりに、一部の機能が削除されたり、動作が停止する場合があります。

また、デバイスにインストールされている一部のサード パーティ製アプリケーションが機能しない、動作を停止する、または WIP サービスで自動的に削除される場合があります。

▲ 目次へ

2020年7月~

  1. Build 20206(2020年9月)
  2. Build 20185, 20201(2020年8月)
  3. Build 20161, 20170, 20175, 20180(2020年7月)

▲ 目次へ

2020年 6月 不具合

  1. Build 19645, 20150, 20152
    1.   20150 適用後、Windowsネットワークが表示されない
    2.   20150 適用後、以前に作ったショートカットから NASにアクセス出来ない

Windows 10 Pro Insider Previewのバージョン情報と仕様

不具合解消のため試したこと その1

下記 1. から 5. までは SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポートにチェック(Windowsをインストールした時点で入っている)を入れた状態で行いました。

また、重複して実行していません。

1.イーサネットのプロパティ から TCP/IPv4~WINS 「NetBIOS over TCP/IP を有効にする」にチェック 参照

2.スタートボタン横の検索ボタンを押して入力欄に gpedit.msc と入力してEnterキーを押すとグループエディタが起動しますので、「コンピュータの構成」「管理用テンプレート」>「ネットワーク」>「Lanmanワークステーション」とツリーを辿り、そこの「安全でないゲストログオン」の設定を未定義から有効に変更します。設定後はPCを再起動参照

3.レジストリ「HKEY_LOCAL_MACHINE\ SYSTEM \CurrentConrolSet\Services \Browser\Parameters」 サブキー「MaintainServerList」 値のデータを「Auto」から「No」に変更し<OK> レジストリエディタを終了し、Windows を再起動 参照

4. レジストリ「HKEY_LOCAL_MACHINE\ SYSTEM \CurrentConrolSet\Services \Browser\Parameters」 サブキー「IsDomainMaster」 値のデータを「FALSE」(マスターブラウザにしない)から「TRUE」(マスターブラウザにする)に変更し<OK> レジストリエディタを終了し、Windows を再起動(参照 3.と同じ)

5. [Function Discovery Provider Host] , [Function Discovery Resource Publication] , [SSDP Discovery] , [UPnP Device Host] の 4つのサービスの開始を自動に設定する 参照

6.SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポートのチェックをすべて外して PC 再起動。 サービスで Function Discovery Resource Publication を選択して左上の「サービスの再起動」をクリック 参照

 

上記参照先の一次情報源は、次のリンク先と思われます。

SMBv1 は、Windows 10 バージョン1709、Windows Server バージョン1709以降のバージョンでは既定でインストールされません。 | Microsoft Docs

Windows の既定で無効になっている SMB2 のゲスト アクセス | Microsoft サポート

結果

いずれも Windowsネットワーク表示されず、以前に作ったショートカットから NASにアクセス出来ない現象は解消せず、効果がありませんでした。

不具合解消のため試したこと その2

次に、気休めですが SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポートにチェックを入れた状態でハードウェアをリフレッシュしてみました。

リフレッシュと言っても ただバッテリーを取り外して 5分ほど放置した後、電源ボタンを 2、3回押しただけですが。

結果

バッテリーを取り付け、Windowsを起動すると Windowsネットワークにその他の Windowsホスト機が表示されるようになりました。理由は分かりません。相変わらず NASにはアクセス出来ません。

ところが、Build 20152 を適用したら Windowsホスト機も表示されなくなりました。

不具合?解消できないので代替策

  1. エクスプローラー左ペインのネットワークを開いて、アドレスバーに ¥¥192.168.0.10 など NASのプライベートIPアドレス(ルーター機で固定している)を入力する
  2. NASの共有フォルダー(当方の環境では複数ある)が表示されるのでショートカットをデスクトップに作成する
  3. 任意の場所にフォルダーを作成し、2.のショートカットを入れる
  4. タスクバーに、3.のランチャーを設定する

つまり、既存のランチャー(フォルダー)内のショートカットを入れ替えただけです。

Windows機同士の共有フォルダについても NASと同様に ¥¥192.168.0.30¥share などのプライベートIPアドレスでアクセスしてショートカットを作ればよい。しかし サブネット内 Windows機の IPアドレスは DHCPであり、状況により変動するのでルーター機でそれぞれを固定する必要があります。

ちなみに今回の現象は本機(Insider Preview Build 20150以降)1台のみで起きており、同サブネット内のその他の Windows10 Home, Pro機(バージョン 1909)7台では起きていいません。

雑感

今回の件で分かったことは、

  1. SMBv1 プロトコルは エクスプローラー ネットワーク に Windows共有フォルダ を表示する
  2. ただし、1. は バージョン 2004 ビルド 20150 以降 は レジストリ や サービス などを弄っても表示されない
  3. SMBv2 以降のプロトコルは エクスプローラー ネットワーク に Windows共有フォルダ を表示しない
  4. SMBv1 の時、作成したショートカットは SMBv2 以降のプロトコルでアクセス拒否される
  5. プライベートIPアドレス ではいずれのプロトコルでもアクセスできる
  6. SMBv2 のショートカットフォルダを作れば以前と変わらず不便はない
  7. ただし、6. は Sambaサーバー も SMBv2 でなければなならい

です。当方の 自作NAS も今回の件と、Ubuntu 20.04 LTS から SMBv1 プロトコルが廃止 されたことを受けて SMBv2 に設定変更しています。

今のところ Windows10 において SMBv1 は既定から外れてはいますが、廃止になっていないのでこのままで行くことにしました。

▲ 目次へ

2020年1月~5月

  1. Build 19619(2020年5月)
  2. Build 19577, 19592(2020年3月)
  3. Build 19559(2020年2月)
  4. Build 19541, 19546(2020年1月)

▲ 目次へ

2019年1月~12月

  1. Build 19536(2019年12月)
    1. バージョン 2004(20H1)
  2. Build 19013(2019年11月)
  3. Build 19002,19008(2019年10月)
  4. Build 18970,18980,18990(2019年9月)
  5. Build 18950,18965(2019年8月)
  6. Build 18936(2019年7月)
  7. Build 18917,18922(2019年6月)
  8. Build 18895,18908(2019年5月)
  9. Build 18353,18358,18362(2019年3月)
  10. Build 18334,18342(2019年2月)
    1. バージョン 1903(19H1)
  11. Build 18312 , 18317(2019年1月)

Windows10アップデート中の画像

▲ 目次へ

2018年1月~12月

  1. Build 18290 , 18298 , 18305(2018年12月)
  2. Build 18277 , 18282(2018年11月)
  3. Build 18252 , 18262 , 18267(2018年10月)
  4. Build 17754 , 17755 , 17760(2018年9月)
  5. Build 17682 , 17686(2018年6月)
  • 2018年8月アップデートエラー0x80096004で更新できず。
  • 2018年9月 こちらの方法 でエラー解消し更新できた。
  1. Build 17134(2018年4月)
  2. Build 17123(2018年3月)
  3. Build 17083 , 17093(2018年2月)
  4. Build 17074(2018年1月)

▲ 目次へ

2017年6月~12月

EliteBooK 2560pに Windows 10 Insider Previewをインストールした当初の OSビルドのバージョンは 15063 です。

  1. Build 16193(2017年6月)・・・問題なくできた
  2. Build 16199(2017年5~6月)・・・1回目エラーコード:(0x8007003)で失敗。その後 3回「再試行」するも結局アップデートできなかった
  3. Build 16215(2017年6月)・・・以下の条件でできた
    1. アップデートを実行する前に Windows 10を再インストールした
    2. 以下のページを参考に「.NET Framework 3.5」をインストールした。この時 .NET Framework 2 をインストールするかしないかを聞いてきたのでインストールした。
    3. 参考:Windows 10 Insider Preview Build 16215が公開 ~3週間...
    4. アップデート所要時間はおよそ 4時間
  4. Build 16226(2017年6月)・・・アップデートできたが指紋認証のデバイスドライバーが削除され Windows Helloが無効になったのでドライバーを再インストールした
  5. Build 16232 , 16237 , 16241 , 16251(2017年7月)・・・同上、サインイン壁紙のデザインが変更された
  6. Build 16257 , 16273 , 16275(2017年8月)・・・4.と同じ
  7. Build 16278 , 16281(2017年9月)・・・4.と同じ
  8. Version 1709 , Build 17046(2017年11月)
    1. 4.と同じ
    2. Windows Helloから指紋スキャンしようとするとエラーになる。指紋認証によるサインイン不可。
    3. Open Hardware Monitor 0.7.1 Betaが正常動作しない。HDDの温度があり得ない数値(60℃)で表示される。0.8.0 Betaは正常動作する。
  9. Build 17063(2017年12月)・・・8.と同じ

▲ 目次へ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Top of Pageの画像
sidemenuの画像