PCで遊んだ日々の備忘録

Making PC and Customization PC

Linux distribution is installed.

Linux ディストリビューションは、無償配布されている、オペレーティングシステム(OS)です。

'www.fuukemn.biz' designed this logotype.

Pear Linux 6 を 14.04.1 LTS にアップグレード

手持ちの サブPC(実機)に導入している Pear Linux6(12.04.5 LTS)を 14.04.1 LTS にアップグレードしてみました。

14.04.1 LTSの主な仕様

  • 64-bit
  • kernel 3.13.0
  • セキュリティサポート:2019年4月
  • 無料

下の画像は後述のアップグレードドキュメントの中でデフォルトのディスプレイマネージャに LightDM を選択(fig5)した時のデスクトップのスクリーンショットです。

デスクトップの画像1

デスクトップ 1

デスクトップの画像2

デスクトップ 2

 

御覧の通り壁紙を残して普通の ubuntu 14.04.1 LTS gnomeデスクトップ になってしまいました。

アクティビティを開いてみると「LaunchPad」や「Finder」「Pear Appstore」など Pear Linux 6の残骸がちらほら見えます。(残骸と言っても中にはちゃんと機能するものもありました)

従って Pear Linux 6 64-bitを 14.04.1LTS にアップグレードする意味はない事が判りました。Pear Linux 6は 2017年4月をもって終焉を迎える訳ですね。

… と一旦は自己完結しそうになったのですが、ではディスプレイマネージャに GDM を選択した場合はどうなんだろうと色々試してみたので詳しくは以下のリンク先へどうぞ。

Pear Linux6 14.04.1 LTS のデスクトップをカスタマイズ

アップグレードドキュメント

以下のスクリーンショットはアップデートマネージャからアップグレードを実行した時の一連の流れです。

アップグレードの前に Pear Linux 6(12.04.5LTS)のバックアップイメージファイルを作成します。

Acronisブータブルメディア(USBメモリーまたはCD-R)を使用して Pear Linux 6をインストールしているパーティションごとバックアップしておきます。アップグレードに失敗した時の保険です。

デスクトップの画像3

fig1.アップデートマネージャからアップグレードを選択

デスクトップの画像4

fig2.サードパーティ製リポジトリの無効化

デスクトップの画像5

fig3.ディストリビュージョンアップグレードの準備

デスクトップの画像6

fig4.アップグレード内容の警告と開始確認

デスクトップの画像7

fig5.デフォルトディスプレイマネージャの設定

デスクトップの画像8

fig6.新しいパッケージの取得中(端末open)

デスクトップの画像9

fig7.カスタマイズ済設定ファイルの置き換え1

デスクトップの画像10

fig8.カスタマイズ済設定ファイルの置き換え2

デスクトップの画像11

fig9.ブートローダー"grub"の設定確認

デスクトップの画像12

fig10.リポジトリに存在しないパッケージの削除確認

デスクトップの画像13

fig11.アップグレード完了するため、パソコン再起動

デスクトップの画像14

fig12.ubuntu14.04.1LTS


以下の画像は「fig6.アップグレードの新しいパッケージの取得中」にシステムから問い合わせがあった項目です。(この問い合わせの間は、スナップショットが起動しなくなったため写真になっています)

デスクトップの画像15

fig13.

デスクトップの画像16

fig14.

デスクトップの画像17

fig15.

デスクトップの画像18

fig16.


結果的に Pear Linux 6(12.04.5 LTS)を 14.04.1 LTS にアップグレードする意味がない事が判明したので事前に作成しておいたバックアップイメージファイルをレストアして元の Pear Linux 6(12.04.5 LTS)に戻しました。

Top of Pageの画像
sidemenuの画像