PCで遊んだ日々の備忘録

Making PC and Customization PC

HDDパーティション の クローン を USBメモリー に作成する

HDDパーティションにインストールしている OSを ddコマンドを使って USBメモリーに ストレージ クローニングした。用途はノートPCを使って Linux OSをプレゼンするためである。

Gmac OS 10.03 デスクトップの画像

このページは OSの詳細やコマンドの意味など初歩的な説明や解説を省略した。言わば管理人のためのメモ、備忘録である。故に、意味を理解しないままのコマンド実行は厳に慎むべし。(2020年5月)


経緯

数年ぶりに Gmac OS を起動してみたら Ubuntu 16.04 LTS へのアップグレードのメッセージが表示された。

アップグレード通知の画像

既に E.O.L(End Of Life)な OSのアップグレードであり不安もあったが、結果的に上手くいったため今回のクローンニグに至った。(... OSに関することは 雑感 のセクションへ)

▲ 目次へ

作業環境

PC・・・サブPC(自作機)

OS・・・Ubuntu 16.04 LTS

▲ 目次へ

作業内容

クローン元

・第2HDDの第2パーティション・15GB・・・/dev/sdb2

・OS・・・Gmac OS 10.04(Ubuntu 16.04 LTS)

・USBメモリーの第1パーティション(15GB|未設定 49GB)・・・/dev/sde1

・SanDisk Extreme USB 3.0 64GB

・ファイルシステム・・・ext4

HDDとUSBメモリーのGPartedの画像

コマンド

・HDDパーテイションのアンマウント

GNOME-Terminal :
 $ sudo unmount /dev/sdb2 

・USBメモリーのアンマウント

 $ sudo unmount /dev/sde1 

・OSパーテイションをコピー

 $ sudo dd if=/dev/sdb2 of=/dev/sde1 bs=64K conv=noerror,sync status=progress 

bs= 値 を大きくすれば時間は短くなるがエラー率が上がる

dd commad manual

referencedd - convert and copy a file

referencedd(1) - Linux man page

conv=CONVS

convert the file as per the comma separated symbol list

(カンマで区切られたシンボルリストに従ってファイルを変換する)

sync

pad every input block with NULs to ibs-size; when used with block or unblock, pad with spaces rather than NULs

(すべての入力ブロックを NULs で ibs-size にパッドする; block または unblock で使用する場合は NULs ではなく空白でパッドする)(パッドする・・・敷き詰める、埋める)

ibs-size

ibs=BYTES

read BYTES bytes at a time(一度に読み込む バイト数)

noerror

continue after read errors(読取りエラーがあっても続ける)

bs=BYTES

read and write up to BYTES bytes at a time (default: 512); overrides ibs and obs

一度にBYTESバイトまでの読み書きが可能 (デフォルト: 512バイト|64K・・・64キロバイト)

status=LEVEL

The LEVEL of information to print to stderr; 'none' suppresses everything but error messages, 'noxfer' suppresses the final transfer statistics, 'progress' shows periodic transfer statistics.

('none' はエラーメッセージ以外の情報を抑制し、'noxfer' は最終的な転送統計情報を抑制し、'progress' は定期的な転送統計情報を表示する)

 

USBメモリー の MBR に GRUB をインストール

・クローニングした OSを Super Grub2 Disk を使って起動する

・OS上から次のコマンドで GRUBインストール

 $ sudo grub-install --force /dev/sde 
 

以上で ブータブルなクローン USBメモリーの完成。

▲ 目次へ

雑感

サンプル動画

下の画像は VirtualBox 上で Gmac 10.04(Ubuntu 14.04 LTS)を起動、シャットダウンしている動画。(全画面表示推奨)

 

以下、経緯セクションのつづき。

下の画像のように 14.04 LTS から 16.04 LTS へアップグレードした。手順は本家 Ubuntuと同じ。

Gmac OS 10.04 アップグレード前の画像

14.04 LTS

アップグレードのお知らせ画像

アップグレードのお知らせ

Gmac OS 10.04 アップグレード後の画像

16.04 LTS

留意すべきポイントは次のパートで説明する。

新、旧設定ファイルの置き換えの問い合わせ 12項目(下画像)は GRUB(grub-pc)以外すべて ✓置き換える(R) を選択する。GRUBを置き換えてしまうと、GRUBメニューの背景画像が無くなる。

アップグレード中の設定ファイル置き換え画像

最後に [サポートが中止された(あるいはリポジトリに存在しない)パッケージを削除しますか?] の問い合わせでは 削除(R) を選択する。

アップグレード前(14.04 LTS)とアップグレード後(16.04 LTS)外観上の違いはログイン画面壁紙のユーザー銘版の色(下画像)と デスクトップ・トップパネル アプレット。

アップグレード前、後のログイン画面の画像

トップパネル左端のダッシュボード アプレットと OSアイコンは消えているので手動で設定する必要がある。

設定には Tweak Tool の GNOME shell 拡張機能 Activitis configurator を使用するがアップグレード直後はグレーアウトして使えないので一旦削除し GNOME EXTENSIONS から再インストールする。

OSアイコンは / usr/ share/ icons/ ディレクトリにある。

このOSは GNOME Desktop Mac をデスクトップ テーマに Mac OSをフィーチャーしていた。しかし2016年5月に安定版である Gmac10-x64_stable のリリースを最後に消滅した Ubuntu 14.04 LTSベースのディストリビューションである。

手元に残っている ISOイメージは Gmac OS 10.03と Gmac OS 10.04 のみ。当時リリースされていたのはこの 2バージョンだったと記憶している。

2020年5月現在 SOURCE FORGE に Gmacプロジェクトのスレッドが存在するが ISOイメージの配布はされていない。数枚のスクリーンショットとユーザーレビューなどが残っているのみ。ここに至っては入手困難と思われたが幾つかの海外サイトで配布されている模様。

とりあえず Gmac10-x64 でネット検索してみると Linux tracker サイトからダウンロードできそう。ただし Torrentでのみ。試していないのでお勧めできない。

ISOイメージが入手できないとなると後は GNOME - LOOK.ORG のサイト内、Gnome Shell Themes のページから Yosemite Shell 1.3 をダウンロードして現行の Ubuntuにインストールするしか手はない。

GNOME - LOOK.ORGサイトの画像

が、ここのファイルも削除されている。そこで、次のパートで Ubuntu 18.04 LTS をベースに代替えになりそうなテーマを選んで作ってみた。

GNOME - LOOK.ORG / GTK3 Themes より、McOS-themes というテーマをインストールしてみることにした。設定ファイルは全部で 31種類あり、その中から McOS-CTLina-Gnome-1.3.2.tar.xz を選んだ。理由は特にない。

まずホームディレクトリに .themes フォルダを作成し、そこにダウンロード後 解凍したフォルダを置く。即ち、ログインユーザーのみ適用される。システム全体に適用する場合は / usr/ share/ themes/ ディレクトリに置く。

次にホームディレクトリに .icons フォルダを作成し、そこに GNOME-LOOK.ORG / Full Icon Themes より、MacOS Icon Theme ページから MacOS-Icon-Theme.tar.xz をダウンロード、解凍したフォルダを置く。これまたログインユーザーのみ適用される。

システム全体に適用する場合は / usr/ share/ icons/ ディレクトリに置く。

結果は下の画像のとおり。

デスクトップ カスタマイズ後の画像

18.04 LTS / McOS - CTLia - Gno...

アプリケーション一覧の画像

アプリケーション 一覧

Tweak Toolの画像

Tweak Tool で デスクトップ テー...

管理人は本物のデスクトップを見たことがなく周りに所有している者もいないので、こんなものなのかよく分からない。それはさて置き、以下に設定の手順を記す。

手順

VirtualBox 6.0(vdi 10GB) に Ubuntu 18.04.4 LTS を最小インストール。

以下、インストールしたアプリケーションパッケージと GNOME Shell Extensions など。

アプリ
  • synaptic(パッケージマネージャ)
  • gnome-themes-standard
  • gnome-tweak-tool
  • gnome-shell-extensions
  • chrome-gnome-shell(ブラウザーの Chrome は無関係)
  • dconf-editor
  • fonts-vlgothic
  • GNOME Shell integration(アドオン追加)

ブラウザー拡張機能インストールの画像

ブラウザー拡張機能

Firefoxアドオンの画像

アドオン追加

 
GSE
  • User themes(これ以外の拡張機能は全てオフ)

参考|GNOMEシェル拡張の使い方

壁紙
  • adwaita-night.jpg(Gmac OS 10 の / usr/ share/ backgrounds より拝借)
ドックランチャーを画面下中央に配置
  • 画面下へ・・・システム設定ダイアログに、上下左右の配置ボタンがある。
  • 画面中央へ・・・dconfエディタ を起動して extend-height を無効にする。
フォント

以上、要した時間は調査時間を含めおよそ 4時間。実機での検証はしていない。

▲ 目次へ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
, ←この画像は LGPLの下に提供されています
Top of Pageの画像
sidemenuの画像